女の人

新型うつ病とは?【新しい病気だからこそ知っておきたい知識】

  1. ホーム
  2. 対処法について

対処法について

悩む男性

対処方法を知っておこう

新型うつ病は、本人が治したいという意識も重要ですが、周りにいる人達の理解も大切なことになります。特に最も身近な存在である家族は、新型うつ病を抱えている本人のことをよく理解してあげなければいけません。そういった人に向けて、どのように対処すればいいのかを説明していきます。まず、新型うつ病の人に対して心がけたいことから説明していきます。それは、「言葉を優しくする」・「態度を厳しくする」・「理解する」という三つのポイントです。言葉を優しくすることは、新型うつ病の人に対して同調的に接することが大事です。これは、会話の中で本人に誤解を与えないように落ち着いた雰囲気で、理解できるように話します。ただ、人によってはあまりにも普段と違う話し方で接されると気分を害す可能性が高くなります。そのため、話す時に「理解しているか」や「分かるかな?」などの受け答えは避けるようにしましょう。これらの言葉をかけられると本人的には、「ばかにしている」などの考えを持ってしまって余計に症状を悪化させてしまうことがあります。しかし、そうなると態度を厳しくするというのが繋がらないという人もいるでしょう。ですが、これは新型うつ病の人が何か悪いことしたら批判や非難をするのではなく、悪いことを冷静に指摘して対処することになります。新型うつ病の人は、誰かのせいにすることが多いので、自分が間違っていることを理解させてあげることが大事です。理解することは、新型うつ病の人の考えや訴えに耳を傾けて聞いてあげるようにしましょう。そうすることで、苦しんでいるんだと理解できるようになります。また、話を聞く時はできるだけ自分の意見を言わないようにしてあげてください。この病気の人は、話を聞いてほしい、自分を理解してほしいという気持ちがとても強いのです。ですから、話している最中に「それは違う」とか「こうしたらいいのでは?」などの意見を言ってしまうと否定されたという気持ちになってしまいます。ですから、本人が話しだしたら聞き役に徹するようにしましょう。

行なってはいけないこと

新型うつ病になったら、日常生活で気をつけなければいけないことがあります。それぞれどうして駄目なのかということを紹介していきます。カフェインは、眠気を取り除いて興奮させる作用があります。そのため、カフェインを取り過ぎてしまうと心臓がドキドキして発作の引き金になってしまうことがあります。また、新型うつ病の人は眠気が起こりにくいのでカフェインは避けたほうがいいとされています。アルコールは、抗うつ剤などの薬を飲んでいると血中濃度が上がってしまい、薬が効きすぎてしまうことがあります。こうなると、依存症になりやすいのでアルコールは控えたほうがいいでしょう。ほかにも、喫煙はうつ病を悪化させてしまう作用があります。禁煙を行なったほうがいいので、いきなりではなく徐々に減らしていくようにしましょう。パソコンは、さまざまな情報を得られる便利な機器なのでついつい長く利用してしまうでしょう。ですが、ストレスを抱えてしまう原因にも繋がるので1日1時間以内に抑えて利用するのがおすすめです。このように、病気を抱えている本人も意識して生活しなければいけません。周りの人達の理解と自分の生活を見直して、新型うつ病を治していけるようにしましょう。