医師と一緒にうつ病改善

新型うつ病とは?【新しい病気だからこそ知っておきたい知識】

予防が大事

女性たち

新型うつ病は、特に若い年代の男女が発症しやすい病気です。ですから、事前に自分で意識して対策をすれば予防することができます。予防しておけば、辛い症状で悩むことはないでしょう。

対処法について

悩む男性

新しい病気といわれてる新型うつ病は、発症したらどうすべきかということはあまり知られていません。ここでは、具体的な対処方法についてご紹介しています。理解して治せるようにしていきましょう。

若い年代に増えている

医師

新型うつ病は、20代や30代の男女に増えている病気です。その理由は、この年代が起こりやすい要素を持っているからでしょう。どうして増加しているのか、原因を調べてみましょう。

違いは何があるのか

パズル

うつ病の新しい病気

うつ病といえば、イメージ的に何もできないというのがあるでしょう。ですが、新しく発表された新型うつ病は、また違う症状が起こります。従来のうつ病は、基本的に活動するためのエネルギーが少なくなっているので、体を動かすことや考える能力が低下してしまいます。そのため、やりたくてもできないという状況となってしまうのです。従来のうつ病にかかる人に多いのは、真面目・几帳面などといった性格の人だといわれています。このような性格の人は、うつ病によって何もできない状態となると焦りを感じてしまってより悪化してしまうこともあります。ですから、従来のうつ病になってしまったら、症状が落ち着くまで仕事や学校を休むケースが多くなってきています。
一方、新型うつ病は活動する為のエネルギーは残っているのが特徴で、従来のうつ病との大きな違いになります。活動する為のエネルギーが残っているので、新型うつ病の患者は仕事や学校へ通いながら治療を続けられるようになっています。ただ、エネルギーが残っている状態なので気分反応性という性質を持っています。これは、仕事はやりたくないけど趣味には意欲が出るという特徴になります。そのため、新型うつ病を抱えてしまった人は「怠けもの」だといわれてしまうことが多いのです。

症状が向かう先も違う

従来のうつ病の場合は、「自分は駄目な人間だ」と悲観的な感情が表れてしまいます。そのため、人によっては最悪の状態だと自殺願望が芽生えてしまうこともあるので危険なのです。しかし、新型うつ病は周囲を過度に気にする症状があります。そのため、自分のことを理解してくれないという感情が自分の中で抑えきれず、周囲にいる人達に向けて攻撃的な行動を起こすことがあります。どのような行動かといえば、他人を非難する、物を破壊するなどといった行動になります。また、人のせいにしてしまうという問題行動を起こすこともあります。例えば、自分が起こしたミスなのに近くにいた人のせいにしたり、自分が責められてしまうとうつ病のせいにしたりと自分の都合がいいように行動してしまうのです。こういったことから、新型うつ病を抱えているといっても周囲から人が離れてしまうこともあります。ですから、新型うつ病にかかってしまった場合は、従来のうつ病と同じような接し方や治療法で改善することが難しいとされています。